読めばカーライフ充実!?編集部スタッフが語る「秘」自動車業界コラム

アナタの車の価格は?無料査定実施中!

2013年10月23日【第7回】

★★★人気車種ランキング(軽自動車編)

「今の車は廃車にして、経費の掛からない新型軽にしようかな…?」
そんな方は必見!最新の軽自動車人気ランキングをご紹介します。
 
 
 
■1位■ホンダ c 2012年モデル
新車価格:115~170万円
発売以来大人気!かわいらしいスタイリングで女性からも高い支持を得ています。
低燃費なのはもちろん、ディスチャージヘッドランプやサイドカーテンエアバッグも完備。
安全性と実用性を兼ねた充実装備が魅力です。
さらに、エクステリアの可愛らしさとクオリティの高いインテリアに加え、
エクステリアの可愛らしさとクオリティの高いインテリアには惚れぼれ!
試乗の満足度が高いのもポイントです。
 
 
 
■2位■スズキ スペーシア 2013年モデル
新車価格:122~153万円
低燃費であるのはもちろん、広々とした社内と細やかな室内デザインが魅力の
超ハイト系軽自動車。自然吸気エンジンを採用しているのでスムーズで
安定性の高い運転ができるのがポイント。もちろん、低燃費も実現させています。
機能優先のデザインにも大注目!窓枠が立ち、四角い姿で屋根も長く見えるのが魅力。
後席両側はワンアクションパワースライドドアを採用しているので、ママさんドライバーも快適に乗りこなせます。
 
 
 
■3位■日産 デイズ 2013年モデル
新車価格:106~172万円
日産が企画段階から携わった初めての軽自動車として話題の“デイズ”。
商品コンセプトを「軽のメインストリームへ“親・品・感”」とし、
車名では軽自動車が持つ「ユーザーの毎日をサポートする」という本質を表現しています。
軽自動車で初めてアラウンドビューモニターが搭載されているのも大きな特徴。
映像は自動防眩機能付ルームミラーに内蔵されたモニターに表示されるので、
ナビ非装着車でも利用可能。
日産社として初めて、フロント側のドアガラスに紫外線を99%カットする
「スーパーUVカットガラス(フロントドア)」を採用し、
女性ドライバーにもうれしい配慮も高ポイント。シートは手触りや質感にもこだわり、
車内の上質感も完璧です。それでいて「クラストップの低燃費」なのも見逃せない!
 
 
 
■4位■ホンダ N BOX 2011年モデル
新車価格:126~161万円
「日本にベストな新しいのりものを創造したい」というコンセプトのもと創られた
新型軽乗用車「N」シリーズの第一弾モデル。
新設計のプラットホームとパワープラントを搭載し、抜群の広さ、快適さ、
経済性を実現。また、新開発エンジンとトランスミッションにより力強い走りと
燃費性能を両立させたのも大きな特徴です。
ホンダが得意とするミニバンの魅力をそのまま軽乗用車に凝縮し、
子育て中のファミリーにも使いやすく、幅広い世代から支持を得ています。
 
 
 
■5位■スズキ スペーシアカスタム 2013年モデル
新車価格:141~174万円
低燃費で強い走り、存在感あふれるデザインが特徴のハイトワゴンタイプ。
「エネチャージ」「新アイドリングストップシステム」、次世代環境技術
「スズキグリーン テクノロジー」を採用し、軽やかな加速と力強い走りを実現すると共に、
ターボ車でクラストップの低燃費を実現させています。
先に販売された女性向けの「スぺーシア」とは違い、
こちらは男性をターゲットにしただけあってデザインも“男勝り”。
LEDポジションライトを内蔵したヘッドランプ/スケルトン構造の専用フロントグリル
/専用フロント&リアバンパー/専用アルミホイール/ブラック基調内装 と、
“カッコよさ”が徹底されています!
 
 
 
■6位■スズキ ワゴンRスティングレー 2012年モデル
新車価格:134~161万円
スズキの新技術「スズキグリーン テクノロジー」を集結した軽自動車。
「軽ワゴン低燃費No.1」をコンセプトとし、環境に配慮しながら“便利で楽しいクルマ”
を実現させています。加速やブレーキはスムーズでストレスフリー。
車内にはロングホイールベースの新プラットフォームを採用し、
前後シート間の距離を拡大して広々とした室内空間を実現。
ファミリー層にも高い人気を集めています。
 
 
 
■7位■スズキ ラパン ショコラ 2013年モデル
新車価格:129~149万円
愛らしいスタイルと、こだわりの内外装を採用した、女性をターゲットとした軽乗用車。
フロントドアガラスに紫外線(UV)と赤外線(IR)をカットして、
直射日光のジリジリ感を抑えるプレミアムUV&IRカットガラスを
軽自動車で初めて採用しています。さらにフロントガラスにもIRカット機能を付加し、
機能面をとっても、女性への気配りが細やか!
また、停車時アイドリングストップの採用で全機種エコカー減税の免税対象車
となっていて、「デザイン」「性能」「価格」全てにおいて女性の関心を集め、
今後も人気を伸ばすであろう要注目株です!
 
 
 
■8位■スズキ ワゴンR 2012年モデル
新車価格:109~145万円
次世代のパワートレイン、軽自動車で初となるエネルギー回生システム
ENE-CHARGE(エネチャージ)、新世代アイドリングストップ機構など、
最新の低燃費技術を搭載した新型軽自動車。特に、蓄冷剤を使用することで
エンジン停止中でも室温を快適に保ちアイドリングストップ時間を延長する
「エコクール」などの最新装備は注目ポイントです!
また、上質でなめらかな肌ざわりの専用シート表皮を採用したり、
カラーも落ち着きある大人目が揃っていたり、手軽ながらも
キッチリと高級感を演出しているのが人気の秘密です!
 
 
 
■9位■ダイハツ ミラ イース 2011年モデル
新車価格:79~122万円
エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、4人が
しっかり乗れる広さ、デザイン性、利便性、安全性を兼ね備えたダイハツの人気車種。
「停車前アイドリングストップ機能」を装備し、低燃費&エコにも
強いこだわりが目立ちます。骨格合理化によるボディの軽量化も
快適な走りと乗り心地を実現させ、幅広い世代の支持を集めています。
 
 
 
■10位■ホンダ N BOX + 2012年モデル
新車価格:136~179万円
“空間のゆとり”が特徴的なスーパーハイトワゴン。
センタータンクレイアウトを組み合わせ、ホンダのミニバンの魅力をそのまま
軽サイズに凝縮。車内の一人当たりの空間は、ミニバン以上の快適さと
好評を得ています。また、パワートレインは新世代の軽専用エンジン&CVTを採用し、
高い環境性能も実現。広さと乗り心地を表現した「愛犬を乗せるCM」も高ポイントでした。
 
 
 
いかがでしたでしょうか?
新型軽自動車は最新モデルが続々と発売されており、
女性やファミリー層にも大人気。車の買い替えを考える方にとっては
これからもその動向がとっても気になるところですね。
それぞれの特徴やデザインをじっくり吟味して、
お気に入りの一台を見つけてください!

無料査定実施中!