読めばカーライフ充実!?編集部スタッフが語る「秘」自動車業界コラム

アナタの車の価格は?無料査定実施中!

2013年10月22日【第3回】

いま買い替えるなら「電気自動車」もアリ!!

正直言って、マイカーって維持費がかかる!!保険や駐車場もだけど、
乗れば乗るほどかかる「ガソリン代」だって結構大きいんですよね。
電気を燃料とする【電気自動車】は、エコ思考の高まる現代で注目を浴びている、
まさにマイカーのニューフェイス。
「エコカー補助金」も貰えたり、充電ステーションが急速に増えたりと、
いま車を買い替えたい方には知りたいことがいっぱい!
今回は、そんな【電気自動車】についてご紹介します。
4

 
 
 
【電気自動車ってなに?】
文字通り[電気が燃料の自動車]です。
エンジンの代わりにモーターと制御装置を使用し、ガソリンの代わりにバッテリーに
貯めた電気を使って走ります。なので、走行時かかる燃料コストは「電気代]のみ!
ガソリン代よりも安価で済むのが魅力です。中にはガソリンを使う一般車から
電気自動車に変えた場合、コストが[最大9分の1安くなる]と言われているんだとか…?!
電力の補充は、各所に設置されたステーションでの充電のほか、
現在は家庭用の100V電源や200V電源からも充電が可能。
手軽さもグンとUPしています。
 
 
 
【お得な電気料金プランで賢くコストダウン!】
電気自動車をより賢く・お得に使いたいなら[深夜電力]がおすすめ!
日中よりも低料金で使えるから、深夜に充電するだけでコストダウンが実現。
ぜひ電力会社を調べてみて!
 
 
 
【普通乗用車に比べて、車内は広々!!】
エンジン不要の電気自動車はもちろんエンジンルームがありません!
そのぶん車内は広い空間が確保できるんです。
このことから、車体がいろんなデザインに対応可能となり、
これからの電気自動車の「カタチ]にも注目が集まっています。

5

 
 
 
【とにかく・すっごく“エコ”!】
電気をエネルギーとする電気自動車は、二酸化炭素(CO2)や
大気汚染物質(NOx)などの有害ガスを一切排出しないため、
地球環境にやさしく、エコカーとしての人気度も徐々に高まっています。
 
 
 
【電気自動車のデメリットはコレ】
環境にやさしく維持費のコストカットにもなる電気自動車。
買い替える前に“知っておきたい5つのコト”をご紹介します。

1.)充電時間が長い
家庭用の100Vコンセントを使用した場合、空の状態から満タン充電にかかる時間は
[約4~16時間]といわれています。最近では急速充電器も開発され、
約80%充電をするのに10-30分とだいぶ短縮されました。
緊急時スグ使いたいときは、ちょっと不安…?

2.)走行可能距離が短い
大手自動車メーカーの電気自動車では、1回あたりの充電走行距離は約160kmと
されています。ガソリン車と比べると、なんと約1/2以下。
1日使うには十分な距離ですが、遠出するには勇気がいるかも。

3.)充電可能な場所が少ない
充電がなくなったときにチャージできる設備(施設)は、まだまだ少ないのが事実。
ガソリンスタンドのようにどこにでもあるわけではないので、
やっぱり遠出のときはちょっぴり心配。

4.)走行音が静かすぎる
一見メリットにも見えますが、歩行者や自転車に乗っている人にとってはとっても危険。
「車が近寄ってきた」という危険度を察知しにくいんです。

5.)価格が高め
電気自動車の相場は300〜400万ほど。ガソリンを使用する自動車に比べれば、
価格は「高め」と言えるでしょう。とはいえ、昨今の人気と需要の高まりから
勢いよく価格が下がり始めているのも事実。そのうちガソリン使用の自動車と
変わらない値段になる可能性だってありますよ!
 
 
 
いま車の買い替えをお考えの方は、ハイブリットカーにするか
電気自動車にするか悩まれる方も少なくないそう。
これからのカーライフは、廃車時に貰える「廃車還付金」と「エコカー補助金」の
ダブルボーナスを上手に使って“電気自動車に賢く乗り換え”も、アリかもですよ…!!??

6

無料査定実施中!