読めばカーライフ充実!?編集部スタッフが語る「秘」自動車業界コラム

アナタの車の価格は?無料査定実施中!

2014年08月26日【第71回】

この時期に気をつけたい、カーエアコンのあのニオイ!

夏本番、カーエアコンは毎日フル稼働しているこの時期に、ふと気づくと「もわっ」としたあの嫌なニオイがしていたりしませんか?

夏の車内は猛烈な高温になっているので、カーエアコンはすぐにでもMAXで使いたいもの。
ちょっと臭うけど、乗ってスグにエアコンフル稼働という方も少なくないはずです。

さらに、内循環でカーエアコンを使うとあのニオイはエンドレスで巡ります。
できればあのニオイなんとかしたいですよね。。。

そこで今回は“あのニオイ”の原因と対策法をご紹介します。

column71-1

 
 

【あのニオイの原因は“カビ”!!】

もう既にエアコンを付けるのが怖くなりますが…、そうなんです、あのニオイの元はなんとカビ!

湿気が溜まれば、車の中も室内同様カビや雑菌が繁殖しやすくなり、カビにとっては絶好の環境になるんです。

エアコンを付けるたびにあのニオイがするということは、カビの胞子が車内に充満し、その空気を常に吸い込んでいるということになるんです!

 
 

【放っておくと健康被害も】

カビから放出されてた胞子を吸い込むと、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎など、あらゆるアレルギー症状を引き起こしてしまいます。

特にカビによるアレルギー症状は免疫力の低下に関係なく引き起こされるため、より注意が必要。
風邪を引いているわけでもないのに咳が出て長引いた時は、特に要注意です。

風邪とアレルギー症状では薬も治療も違うので、エアコンのニオイと体調を照らし合わせて判断しましょう。

 
 

【これで大丈夫!対策法アレコレ】

軽く掃除していれば安心…でもありません!
しっかりカビを除去できる対策法のいろいろをご紹介します。

●エアコン内部洗浄は丁寧に
根本的な解決にはやっぱりエアコン掃除!
花粉やほこり、ちりがエアコン内部のエバポレーターに付着蓄積し、結露した状態が重なってカビ・ダニが繁殖し、あのニオイが発生します。

特にカビ菌やダニの死骸が元凶。家のエアコンと同じように、車のエアコンも丁寧に洗浄すれば、ニオイの元を断ち切ることができます!

エバポレーターを徹底的に清掃する場合は、市販のキットを使ってもOK。
その他不安な人はプロのサービスで徹底洗浄してもらっても良いかもしれません。

●エアコンフィルターは取り替えよう
家のエアコン同様に、車のエアコンもフィルターにホコリなどの汚れが溜まります。
これによりカビが発生し、ニオイの原因に。

いくら掃除できるとはいえ完全にはキレイになりません。
どうしても長く使うと汚れるものなので、出来れば定期的に交換しましょう。

●車内もきれいに!
窓、ルーフ、バネル部分などを拭き掃除することで、染み付いてしまったニオイを消すことができます。
特に喫煙者のガラスの内窓はゾッとするほどの汚れ方!きっちりふき取りましょう。

さらに、座席やフロアマットなどに重層をまき、ぞうきんや掃除機で重層を取りにのぞくと、あのニオイと一緒に汗などのニオイも消えますよ。

 
 

これから廃車手続きをしよと思っている方は、これを機会に今乗っているマイカーのエアコンを掃除をしてみるのもいいかも知れません。
とくに関東・関西以南の地域はまだまだ猛暑が続きます。

体力が落ちるこの時期に快適で健康的な生活を送るためにも、あのニオイのもとを断ち切るべく、エアコンの点検・清掃をしてみてはいかがでしょうか。

無料査定実施中!