読めばカーライフ充実!?編集部スタッフが語る「秘」自動車業界コラム

アナタの車の価格は?無料査定実施中!

2014年07月25日【第61回】

気がついたらやりたい車の簡単メンテナンス・チェック!

できればマイカーは長く乗りたいもの。
故障やトラブルが起きればその分費用はかさむし、なにより乗りなれた車は乗り心地もいいからなかなか手放せませんよね。

今廃車を考えている方も、“やむなく”という場合もあるでしょう。

今回は、少しでもマイカーを長く乗れるよう自分でできる簡単メンテナンス・チェックをご紹介。
女性はメンテナンスと聞くとちょっとたじろぎますが、今回ご紹介する内容はとっても簡単だからご安心を!

気がついたときにチェックして、安全・安心なマイカーライフを送りましょう。

column61-1

 
 

【出かける前に毎回やりたい!簡単チェック】

●タイヤのへこみは大丈夫?
タイヤの空気不足はパンクのもと。
見てすぐわかるほどの変化ならば走行に問題が生じるレベル。

また、運悪くいたずらでパンクさせられている場合もすぐに気がつくので、車に乗り込む前に車のまわりを一回りして、タイヤの状態を見ておきましょう。

●ランプはちゃんと灯く?
ウインカーやブレーキランプの故障は、事故につながる大きな不備。
運転前にウインカーは左右きちんと点滅するか、ライトはきちんと点灯するかを確認しましょう。
リアのライトチェックも忘れずに。
同乗者がいる場合は、ブレーキランプがついているかどうかを見てもらうのがベストです。

●一番大事!エンジンのかかり具合
エンジンのかかり具合はしっかりとチェックしましょう。
エンジンがかかるまでの時間や音など、毎回気にしていれば、何か異常があった場合にいつもと違うことにすぐに気づくことができます。
気づかないまま走行するのが一番こわいこと。ぜひ毎回チェックしたいものです。

 
 

【たまに気にしたいはこの2つ!】

●結構大事なベルトの張り
最近は後部座席でのシートベルト着用が当たり前になりました。
同乗者を事故から守るのもシートベルトがきちんとあってこそ。
余裕があれば、運転前にボンネットを開けてベルトの張り具合をチェックしてみましょう。

車の構造によっては手で直接触れない位置にあることもあるので、そんなときは割り箸などの棒でベルトを押してみます。
どのくらいの張り具合がいいかどうかを判断するのは難しいと思いますが、まずは「いつもと違う!」と気づくことが大切です。

●定番!エンジンオイル・チェック
教習所でみんな行ったあのチェックです。
教習所では「乗車前の点検」として教わるけど、いつのまにか日常ではやらなくなりがちです。

車の心臓部であるエンジンにとって重要なオイルですから、ときどきはオイルレベルゲージを使って量や色などを確認しましょう。

 
 

【夏場と冬場はコレをチェック!】

●夏はここが肝心!「バッテリー」
冬場はみんな気にするバッテリーですが、実は冬だけでなく、夏場も気をつかいましょう。
夏場はクーラーを頻繁に使うためにエンジンルームがかなり高温になります。これによりバッテリーの消耗は早まりやすくなるんです。
特に夏場のロングドライブ前にはバッテリー液をチェックしておきましょう。

●冬はなんと…ネコの存在確認
寒い冬場、車の下には暖を求めてやってきたネコがいることがあるんです。
しかもコレが意外と多い!

ネコが下にいるのを知らずにエンジンをかけ、ネコを巻き込んでしまってエンジンが故障した、というケースは少なくありません。

車に乗り込む前には、ボンネットやタイヤなどをたたいてみましょう。
音を立てれば、ネコは驚いて逃げていきます。

簡単なことですから、車のためにも、ネコのためにも、ぜひ行いましょう。

 
 

毎日チェックをしておけば、故障のリスクも少なくなります。

特にこれから廃車手続きを考えている方は、マイカーのどこかに故障要因がある可能性が高いはず。
一日でも長くマイカーを安全に乗るためにも、乗車ごとの簡単チェックをおすすめします。

無料査定実施中!