[山梨]での廃車の費用は?

廃車をするなら、業者に依頼するのがオススメ。
複数の業者を選んで、一括で査定依頼ができるから楽に廃車費用の比較ができます。

あなたの車の価格は?無料査定実施中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨での廃車なら、私たちにお任せください!

別れがあれば、出会いもあります。愛車を手放して、新しい車購入の資金にしましょう。私達がお手伝いします。

ご依頼の流れ

  1. Step1 無料一括査定

    Step1 無料一括査定

    一回の入力で複数の廃車業者に査定依頼!入力もカンタン3Step♪

  2. Step2 廃車費用を徹底比較!

    Step2 査定を徹底比較!

    廃車業者より査定の内容が届きます。

    じっくり比較してください!

  3. Step3 日時を決定!

    Step3 日時を決定!

    廃車業者が決まったら、業者と相談の上引き取り日を決定します。

  4. Step4 書類を準備

    Step4 書類を準備

    引き取り日までに、必要な書類を用意します。

    • ・自動車検査証(車検証)
    • ・所有者の印鑑証明書
    • ・実印(委任状・譲渡証に捺印)
  5. Step5 引き取り&買取金の受け取り

    Step5 引き取り&買取金の受け取り

    業者が引き取りにうかがいます。買取金は、その場で現金or後日振込!

無料査定実施中!

D

山梨のデータ

車両保有台数(乗用車、二輪車) 568,151台 40位/全国
1世帯あたりの車両数 1.552台 11位/全国
免許保有数(第一種免許) 583,162 40位/全国
新規免許交付数 9,645件 40位/全国
免許停止数 2,306件 42位/全国

山梨では1世帯あたりの車両数が1.552台(全国11位)と高い保有数です。免許停止数は2,306件で全国42位と、低い数値です。交通事故の発生件数も、人口10万人あたりでみれば低く事故の少ない県といえます。
2014年、積雪のために主要道路が封鎖され道路に多くの車が取り残される事態が起きました。ここまでの積雪は珍しいですが、こうした事態も起こりうると想定し、車内に閉じ込められた際の脱出のためのスコップや、防寒具を車内に常備するなどの対策をしておきましょう。

また、渋滞が予測される場合燃料を満タンにしておくことを心がけましょう。スタッドレスタイヤへの履き替えはもちろん冬タイヤの上からでもチェーンをかけるとより確実です。

参照データ
[車両保有台数(乗用車、二輪車)]自動車保有台数統計データ(平成24年10月末)、一般社団法人 自動車検査登録情報協会
[1世帯あたりの車両数]自家用乗用車の世帯当たり普及台数(平成23年3月末)、一般社団法人 自動車検査登録情報協会
[免許保有数]運転免許統計(平成24年版)補足資料1、警察庁交通局運転免許課
[新規免許交付数/免許停止数]平成24年度版 運転免許統計、警察庁交通局運転免許課

よくある質問

  • Q

    車の所有者以外でも廃車はできますか?

    A

    車の所有者ではない場合も、必要書類があれば廃車手続きは可能です。

    具体的には譲渡証明書、委任状、所有者の印鑑証明書が必要です。これらの書類を用意し所有権の解除を行ってください。

  • Q

    自分でナンバープレートを外すことはできますか?

    A

    自分でナンバープレートを外すことは可能です。

    ドライバー等の器具で外せますが少しコツがいるので持ち込み時業者に依頼して取り外してもらったほうが安全でしょう。
    また、ナンバーがない状態では公道を走ることができませんので、注意しましょう。

  • Q

    自動車リサイクル法は、どんな法律ですか?

    A

    自動車リサイクル法とは自動車の廃棄処理が適正に行われるために2005年1月から施行された法律です。
    自動車の廃棄処理には、シュレッダーダストやエアバッグ、フロン類などを安全に処理するため一定の費用がかかります。
    ユーザーは自分の購入した車の廃棄費用を支払う義務があります。

無料査定実施中!