[山形]での廃車の費用は?

廃車をするなら、業者に依頼するのがオススメ。
複数の業者を選んで、一括で査定依頼ができるから楽に廃車費用の比較ができます。

あなたの車の価格は?無料査定実施中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山形での廃車なら、私たちにお任せください!

知っていますか?事故でキズついた車や故障した車も値がつくかもしれません!
私達におまかせください。

ご依頼の流れ

  1. Step1 無料一括査定

    Step1 無料一括査定

    一回の入力で複数の廃車業者に査定依頼!入力もカンタン3Step♪

  2. Step2 廃車費用を徹底比較!

    Step2 査定を徹底比較!

    廃車業者より査定の内容が届きます。

    じっくり比較してください!

  3. Step3 日時を決定!

    Step3 日時を決定!

    廃車業者が決まったら、業者と相談の上引き取り日を決定します。

  4. Step4 書類を準備

    Step4 書類を準備

    引き取り日までに、必要な書類を用意します。

    • ・自動車検査証(車検証)
    • ・所有者の印鑑証明書
    • ・実印(委任状・譲渡証に捺印)
  5. Step5 引き取り&買取金の受け取り

    Step5 引き取り&買取金の受け取り

    業者が引き取りにうかがいます。買取金は、その場で現金or後日振込!

無料査定実施中!

D

山形のデータ

車両保有台数(乗用車、二輪車) 707,654台 34位/全国
1世帯あたりの車両数 1.676台 4位/全国
免許保有数(第一種免許) 761,644 32位/全国
新規免許交付数 11,329件 36位/全国
免許停止数 3,202件 32位/全国

1世帯あたりの車両数は1.676台と、全国4位の多さです。車両は県民にとってなくてはならない移動手段として活用されています。

車両の走行スピードは全体的にゆるやかです。ドライバーの運転マナーも比較的良いほうといえます。道路は積雪対策のため道幅が広くとられており走りやすくなっています。

あたたかくなり雪がとける春は、冬の間外出を控えていた歩行者や自転車の走行が増えるため、毎年事故発生率が高まります。そのため冬の前から注意喚起が呼びかけられています。

山形では交通事故による死者の多くが高齢者です。高齢者や子どもが横断しているときは行動に注意し、道をゆずるなどの配慮が必要となります。また、高齢のドライバーも多く、シートベルトを付けないなどの問題点が指摘されています。シルバーマークを付けた車の近くを走行する時は、慎重に。

参照データ
[車両保有台数(乗用車、二輪車)]自動車保有台数統計データ(平成24年10月末)、一般社団法人 自動車検査登録情報協会
[1世帯あたりの車両数]自家用乗用車の世帯当たり普及台数(平成23年3月末)、一般社団法人 自動車検査登録情報協会
[免許保有数]運転免許統計(平成24年版)補足資料1、警察庁交通局運転免許課
[新規免許交付数/免許停止数]平成24年度版 運転免許統計、警察庁交通局運転免許課

よくある質問

  • Q

    自動車税の還付申請は、代理の人でもできますか?

    A

    可能です。

    この場合、所有者が代理人に還付申請手続きを委任する必要があります。還付申請書に委任状を添付し、自動車税事務所に申請してください。
    なお委任状には所有者の自署、押印が必要となります。

  • Q

    リサイクル料金は、どのくらいかかりますか?

    A

    車種やメーカーなどによって異なります。

    リサイクル料金は、車種やメーカーなどによって異なります。一般車の場合は5,000円~20,000円ほどです。
    正確な料金を調べる場合はメーカーに問い合わせるか、自動車リサイクルシステムのホームページで確認してください。

  • Q

    トラックも買い取ってもらえますか?

    A

    もちろん可能です。

    日本のトラックのパーツは性能が良いとされているため海外で高額取引されています。そのため、たとえ年代が古かったり走ることができなくなったトラックでも買取り価格がつく場合が多いのです。
    まずは見積もり査定を受けましょう。

無料査定実施中!