[茨城]での廃車の費用は?

廃車をするなら、業者に依頼するのがオススメ。
複数の業者を選んで、一括で査定依頼ができるから楽に廃車費用の比較ができます。

あなたの車の価格は?無料査定実施中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

茨城での廃車なら、私たちにお任せください!

廃車費用ラボにはこれまで培ったノウハウを持つ業者が集まっています!
プロだから安心しておまかせいただけます。

ご依頼の流れ

  1. Step1 無料一括査定

    Step1 無料一括査定

    一回の入力で複数の廃車業者に査定依頼!入力もカンタン3Step♪

  2. Step2 廃車費用を徹底比較!

    Step2 査定を徹底比較!

    廃車業者より査定の内容が届きます。

    じっくり比較してください!

  3. Step3 日時を決定!

    Step3 日時を決定!

    廃車業者が決まったら、業者と相談の上引き取り日を決定します。

  4. Step4 書類を準備

    Step4 書類を準備

    引き取り日までに、必要な書類を用意します。

    • ・自動車検査証(車検証)
    • ・所有者の印鑑証明書
    • ・実印(委任状・譲渡証に捺印)
  5. Step5 引き取り&買取金の受け取り

    Step5 引き取り&買取金の受け取り

    業者が引き取りにうかがいます。買取金は、その場で現金or後日振込!

無料査定実施中!

D

茨城のデータ

車両保有台数(乗用車、二輪車) 1,987,771台 11位/全国
1世帯あたりの車両数 1.630台 7位/全国
免許保有数(第一種免許) 2,000,198 47位/全国
新規免許交付数 32,472件 11位/全国
免許停止数 7,534件 13位/全国

茨城は1世帯あたりの車両数が1.630台と全国7位。車両保有台数が1,987,771台と全国11位の車社会です。郊外では特に車両がないと不便なため、県民の足として活用されています。

交通事故の発生率が高く、免許停止数は7,534件と全国13位の高さ。ウインカーを出さない、煽り運転など運転マナーはあまりいいと言えないようです。

全体の走行スピードはそれほど早くありませんが、一部にかなりのスピードで飛ばすドライバーもいるので、走行には注意が必要です。

北部の山間部を除けば積雪はそれほどありませんので、冬場でも通常タイヤでの走行が可能です。

参照データ
[車両保有台数(乗用車、二輪車)]自動車保有台数統計データ(平成24年10月末)、一般社団法人 自動車検査登録情報協会
[1世帯あたりの車両数]自家用乗用車の世帯当たり普及台数(平成23年3月末)、一般社団法人 自動車検査登録情報協会
[免許保有数]運転免許統計(平成24年版)補足資料1、警察庁交通局運転免許課
[新規免許交付数/免許停止数]平成24年度版 運転免許統計、警察庁交通局運転免許課

よくある質問

  • Q

    すべての車が、自動車リサイクル法の対象になりますか?

    A

    ほぼすべての車がリサイクル法の対象となります。

    トラックやバスなどの大型車も含む、ほぼすべての車がリサイクル法の対象となります。
    対象外となるのは二輪車や大型特殊自動車、小型特殊自動車、また農業機械などです。
    なお、オートバイは別途「二輪車リサイクルシステム」によりリサイクルが行われています。

  • Q

    法人で所有していた車の自動車重量税は、代理人が還付金を受け取ることはできますか?

    A

    法人が所有していた車の自動車重量税の還付金を代理人が受け取ることは可能です。

    この場合、代表取締役など法人の代表権のある方が自署、押印した委任状が必要となります。
    この場合の押印は代表権のある方の印となります。

  • Q

    大型バイクの廃車費用もわかりますか?

    A

    大型バイクでも二輪車リサイクルシステムを利用し指定引き取り所に依頼すればリサイクルマークの有無にかかわらず無料で引き取ってもらえます。
    ただし持ち込みの際収集・運搬費用がかかることがあります。金額は距離によって異なりますので業者に確認してみましょう。
    また、買取り業者に見積もりを取れば思わぬ値がつくこともありますので、廃車にする前に試してみるとよいでしょう。

無料査定実施中!