[青森]での廃車の費用は?

廃車をするなら、業者に依頼するのがオススメ。
複数の業者を選んで、一括で査定依頼ができるから楽に廃車費用の比較ができます。

あなたの車の価格は?無料査定実施中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青森での廃車なら、私たちにお任せください!

これまで培ったノウハウを活かして、後悔しない取引を実現します!
迷っている方もまずは無料査定をおためしください。

青森の廃車業者

  • 株式会社ギコー

    〒039-2241青森県八戸市大字根城字西ノ沢36-77

    買取実績は1万台突破。廃車は無料で対応しています。

  • 株式会社久保田商会

    〒038-0031青森県青森市三内字玉作2の5

    高年式の事故車も高額で買取を行っています。

ご依頼の流れ

  1. Step1 無料一括査定

    Step1 無料一括査定

    一回の入力で複数の廃車業者に査定依頼!入力もカンタン3Step♪

  2. Step2 廃車費用を徹底比較!

    Step2 査定を徹底比較!

    廃車業者より査定の内容が届きます。

    じっくり比較してください!

  3. Step3 日時を決定!

    Step3 日時を決定!

    廃車業者が決まったら、業者と相談の上引き取り日を決定します。

  4. Step4 書類を準備

    Step4 書類を準備

    引き取り日までに、必要な書類を用意します。

    • ・自動車検査証(車検証)
    • ・所有者の印鑑証明書
    • ・実印(委任状・譲渡証に捺印)
  5. Step5 引き取り&買取金の受け取り

    Step5 引き取り&買取金の受け取り

    業者が引き取りにうかがいます。買取金は、その場で現金or後日振込!

無料査定実施中!

D

青森のデータ

車両保有台数(乗用車、二輪車) 745,709台 30位/全国
1世帯あたりの車両数 1.223台 31位/全国
免許保有数(第一種免許) 835,531 29位/全国
新規免許交付数 13,875件 30位/全国
免許停止数 2,818件 36位/全国

青森は免許保有数が全国29位。免許交付数、停止数もそれほど多くありません。1世帯あたりの車両数は1.223台と、平均1台は保有しています。

積雪の多い青森では、特に冬場、雪道でのスリップ事故が多くなります。特に、トンネルの出入り口や交差点付近、橋の上などは凍結しやすくなっています。
積雪が踏み固められたアイスバーンの上では特に走行に注意が必要です。

スリップ事故の種類は車両同士の「追突」が最多。また特に朝は事故が多い時間帯です。チェーンやスタッドレスタイヤの装着はもちろん、家を少し早く出る、車間距離を倍とる、スピードを出し過ぎないなど万全の対策を取りましょう。

参照データ
[車両保有台数(乗用車、二輪車)]自動車保有台数統計データ(平成24年10月末)、一般社団法人 自動車検査登録情報協会
[1世帯あたりの車両数]自家用乗用車の世帯当たり普及台数(平成23年3月末)、一般社団法人 自動車検査登録情報協会
[免許保有数]運転免許統計(平成24年版)補足資料1、警察庁交通局運転免許課
[新規免許交付数/免許停止数]平成24年度版 運転免許統計、警察庁交通局運転免許課

よくある質問

  • Q

    ローンが残っているのですが、廃車することは可能ですか?

    A

    廃車にすることが可能です。

    所有者があなた自身の場合、ローンが残っていても廃車にすることが可能です。
    ただ車の所有者がローン会社やディーラーになっている場合、所有者の許可無く廃車にはできません。
    所有者に確認をとり、所有権解除を行いましょう。

  • Q

    廃車をするのに手数料はかかりますか?

    A

    自身で行うか業者に委託をするかで異なります。

    廃車手続きをする際にかかる費用は自身で行うか業者に委託をするかで異なります。
    自身で行う場合、各種必要書類取得の際に手数料がかかりますが、1,000円ほどみておけばよいでしょう。 もしリサイクル料金を支払っていない場合、車種によって異なりますが10,000円前後かかります。
    業者に依頼した場合は、さらに10,000円前後をみておきましょう。

  • Q

    今すぐ、持ち込みして廃車にしてほしいけど、大丈夫ですか?

    A

    事前に確認をとったほうがよいでしょう。

    基本的に持ち込みは予約制の業者が多いため、念のため事前に確認をとったほうがよいでしょう。
    業者側のスケジュールに余裕があるようでしたら、すぐに持ち込みが可能な場合もあります。
    なお、持ち込み後の廃車の手続きに関しては陸運局での手続き等が必要なため、余裕をみておきましょう。

無料査定実施中!