[秋田]での廃車の費用は?

廃車をするなら、業者に依頼するのがオススメ。
複数の業者を選んで、一括で査定依頼ができるから楽に廃車費用の比較ができます。

あなたの車の価格は?無料査定実施中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋田での廃車なら、私たちにお任せください!

車を廃車にするには手続きなどいろいろ面倒だと思っていませんか?
廃車費用ラボなら専門スタッフにおまかせ♪まずは無料見積もりから!

ご依頼の流れ

  1. Step1 無料一括査定

    Step1 無料一括査定

    一回の入力で複数の廃車業者に査定依頼!入力もカンタン3Step♪

  2. Step2 廃車費用を徹底比較!

    Step2 査定を徹底比較!

    廃車業者より査定の内容が届きます。

    じっくり比較してください!

  3. Step3 日時を決定!

    Step3 日時を決定!

    廃車業者が決まったら、業者と相談の上引き取り日を決定します。

  4. Step4 書類を準備

    Step4 書類を準備

    引き取り日までに、必要な書類を用意します。

    • ・自動車検査証(車検証)
    • ・所有者の印鑑証明書
    • ・実印(委任状・譲渡証に捺印)
  5. Step5 引き取り&買取金の受け取り

    Step5 引き取り&買取金の受け取り

    業者が引き取りにうかがいます。買取金は、その場で現金or後日振込!

無料査定実施中!

D

秋田のデータ

車両保有台数(乗用車、二輪車) 612,984台 38位/全国
1世帯あたりの車両数 1.384台 20位/全国
免許保有数(第一種免許) 671,853 37位/全国
新規免許交付数 10,078件 39位/全国
免許停止数 2,130件 45位/全国

1世帯あたりの車両数が1.384台と、全国20位。公共交通の本数があまり多くないため車両を主要な交通手段として使う人が多いようです。

免許停止数は2,130件と、全国45位の低さです。交通事故発生率もそれほど高くありません。
しかし東北地方の他県同様、雪道での運転には十分な注意が必要です。雪道ではスタッドレスタイヤやチェーンをかならず装着しましょう。

凍結路面では道路の境界線が見えづらく、事故につながります。慣れている道だからと思い込まず、前の車の運転をよく見て車間距離を取りつつ慎重に走りましょう。

また道路の渋滞もあります。特に冬場は路面の悪さや視界不良などからノロノロ運転による渋滞が起きます。特に、朝の通勤時間帯が混雑するので、通勤の時間を少しずらすなどの対策が必要です。

参照データ
[車両保有台数(乗用車、二輪車)]自動車保有台数統計データ(平成24年10月末)、一般社団法人 自動車検査登録情報協会
[1世帯あたりの車両数]自家用乗用車の世帯当たり普及台数(平成23年3月末)、一般社団法人 自動車検査登録情報協会
[免許保有数]運転免許統計(平成24年版)補足資料1、警察庁交通局運転免許課
[新規免許交付数/免許停止数]平成24年度版 運転免許統計、警察庁交通局運転免許課

よくある質問

  • Q

    自動車重量税が還付されるのは、車の所有者になりますか?

    A

    基本的には車の最終所有者となります。

    自動車重量税を受け取れるのは基本的には車の最終所有者となります。ただし、所有者の委任状がある場合代理人が受け取ることも可能です。
    この場合所有者の自署、押印がされた委任状と必要書類を用意してください。

  • Q

    自動車の最終所有者は、車検証に記載されている者になりますか?

    A

    「その車両を処分する権限を持った者」です。

    自動車の最終所有者は「その車両を処分する権限を持った者」です。使用済み自動車を引き取り業者に引き渡す人が最終所有者となります。
    そのため、車検証に記載されている所有者と一致しない場合もあります。

  • Q

    法人で自動車を所有していましたが、合併したため、社名が変わりました。自動車重量税の還付を受け取ることはできますか?

    A

    可能です。

    合併し、社名が変わった場合でも自動車重量税の還付を受けることは可能です。
    合併後、存続する法人が還付を受ける対象となりますので変更後の法人名義で還付申請を行ってください。

無料査定実施中!